はじめての方へ
メニュー


このサイトは日本聖書協会発行の
新共同訳聖書から引用しています。
聖書 新共同訳:
(c)共同訳聖書実行委員会
Executive Committee of The
Common Bible Translation
(c)日本聖書協会
Japan Bible Society, Tokyo 1987,1988
週報巻頭言
週報巻頭言 : わたしたちは出会った(ヨハネ1:35–51)
投稿者 : iybpc 投稿日時: 2018-03-04 18:00:00 (138 ヒット)
週報巻頭言

彼は、まず自分の兄弟シモンに会って、「わたしたちはメシア――『油を注がれた者』という意味――に出会った」と言った。(ヨハネ1:41)

バプテスマのヨハネはふたりの弟子に神の小羊イエスを指し示し、弟子たちはヨハネを離れてイエスに近づきました。するとイエスが「何を求めているのか」と言われます。彼らは何を求めてイエスのところに来たのでしょうか。真理でしょうか。永遠の命でしょうか。そんな抽象的なものではありません。「ラビ」(わたしの偉大な人、の意)との出会いを求めているのです。どこに泊まっておられるのかというような些細な手がかりによってでも、イエスという方を、その人格を、知りたいのです。イエスも礼儀正しくふたりを宿に招き入れ、ふたりは40節に「従った」とあるように、正式に弟子となります。
 ふたりのうちひとりはアンデレでした。彼は兄弟ペトロに「わたしたちはメシアに出会った(ヘウレーカメン=見いだした)」と伝えます。アルキメデスが湯ぶねからあふれる湯を見て王冠に使われた金の鑑定方法を思いつき、喜びのあまり裸のまま浴場を飛び出して通りを走りながら叫んだと言われるのと同じことばです。喜ぶのも当然です。彼らが見いだしたのは実にメシア――神によってイスラエルを救う務めに召され、そのしるしとして油を注がれた方だったのですから。
 フィリポも「モーセが律法に記し、預言者たちも書いている方に出会った」とナタナエルに言います。彼もまたメシアを見いだした喜びを伝えたいのです。ナタナエルはイエスがナザレの出身であることを聞いて初めは半信半疑です。「異邦人のガリラヤ」(イザヤ8:23)と見下すのは当時の人によくあることでした。しかし、自分がイエスに出会う前からイエスのまなざしを向けられていたことを知って「あなたは神の子です」と告白します。ヨハネが神からイエスを神の子と示され、そのヨハネからアンデレともうひとりの弟子が神の小羊を示されたように、ペトロが初めから名を知られていたように、そしてフィリポがまずイエスに見いだされて信じるに至ったように、ナタナエルもイエスを知る前にイエスに知られていました。わたしたちが神を見いだす前に、神がわたしたちを見いだされるのです。(高市和久)

♪ 今週の賛美歌を聞く 


印刷用ページ 

市川八幡キリスト教会 千葉県市川市八幡2-1-10 電話047-332-5197
Theme Desinged by 工房ヒラム