はじめての方へ
メニュー


このサイトは日本聖書協会発行の
新共同訳聖書から引用しています。
聖書 新共同訳:
(c)共同訳聖書実行委員会
Executive Committee of The
Common Bible Translation
(c)日本聖書協会
Japan Bible Society, Tokyo 1987,1988
週報巻頭言
週報巻頭言 : 主の家 (ヨハネ2:13–22)
投稿者 : iybpc 投稿日時: 2018-04-08 18:00:00 (101 ヒット)
週報巻頭言

このような物はここから運び出せ。わたしの父の家を商売の家としてはならない。(ヨハネ2:16)

過ぎ越しの祭り間近の神殿でイエスが犠牲動物の販売や両替を妨害したことは、他の三つの福音書にも出ています。そこではそのあとすぐ逮捕・処刑されることになっており、そのほうが史実に近いかもしれません。いずれにしても、大量の動物を「すべて」神殿から追い出す(どこに?)一方、両替人たちの机も倒すといったことがはたしてイエスひとりでできたのか、疑問が残ります。実際にはごく小規模の象徴的な行為だったと見るほうがよいでしょう。15節の「むち」が3世紀の2種の写本断片で「むちのようなもの」とされているのもその推測を強めます。ひもで作ったむちで羊飼いや牛飼いが家畜を追うまねをして退去を宣告したという程度のことかもしれないし、机を倒された両替人も2, 3人に過ぎないのかもしれません。
 イエスが何をしたのかは今となってはわからない点が多いとしても、そこに含まれていた意味は明らかです。神殿は「わたしの父の家」です。イスラエルの人々にとって、神が共に住んでくださることは大変な恵みだったはずです。しかし彼らはその恵みを無にして、そこを商売の拠点にしました。例えば100人分の神殿税を肖像のついてない神殿で使える硬貨に両替すると、4デナリオンあまりの手数料が取れたのです。神殿のこのありさまの中でイエスの行為が持っていた意味は、やがてローマ軍による神殿破壊を通してだれの目にも明らかになります。
 神殿はイエスを断罪してローマ総督ピラトに引き渡しました。しかし実は神殿のほうがイエスに断罪されていたのです。それでも、霊と真理をもって礼拝する者たちはイエスにつながり続けました。イエスはご自分の体を神殿とされたのに続いて、わたしたちをも聖霊の宿る神殿としてくださったのでした(20:22, 第一コリント6:19)。人間は本来神の像であり(創世記1:27)、神に宿っていただくのにもっともふさわしい存在です。残念なことに罪によって損なわれてしまいましたが、その回復を今も心の深みで待ち続けているのです。わたしたちの体を主の家として整えてくださるイエスに感謝しましょう。(高市和久)

♪ 今週の賛美歌を聞く 


印刷用ページ 

市川八幡キリスト教会 千葉県市川市八幡2-1-10 電話047-332-5197
Theme Desinged by 工房ヒラム