はじめての方へ
メニュー


このサイトは日本聖書協会発行の
新共同訳聖書から引用しています。
聖書 新共同訳:
(c)共同訳聖書実行委員会
Executive Committee of The
Common Bible Translation
(c)日本聖書協会
Japan Bible Society, Tokyo 1987,1988
週報巻頭言
週報巻頭言 : 「振返るイエス」 (ルカによる福音書 22章54-62節)
投稿者 : iybpc 投稿日時: 2019-03-17 18:39:54 (80 ヒット)
週報巻頭言

主は振り向いてペトロを見つめられた。(ルカ 22:61)

ああ主のひとみ まなざしよ みたびわが主を いなみたる よわきペトロを かえりみて ゆるすはたれぞ 主ならずや (新生讃美歌 486番2節)

今から70年前「この日本を甦らせる道はこのキリスト教にしかない ! 」と確信して入信したわ たしは、「あれでもクリスチャンか」と、世間から後ろ指さされないようにと努力して生きまし た。しかしそんなとき、大方の人達が経験するように、努力すればする程実行できない自分、善 いとわかっていても従えない自分。そんな偽善的な自分に目覚めはじめ、あげくの果ては「こん な醜い自分は、もう教会にいく資格はない」などと、自分を責めるようになっていったのです。 中国山脈のふもとにある故郷・西脇は、11月ともなると大急ぎで冬支度を始めます。しかし、 相も変わらず憂欝なわたしでした。ちょうどその日は、祈祷会がある日だったので、定刻までに は少し余裕があったのですが、ガンバリズムの気持ちで家を出たのです。沈みゆくタ日に映えて、 教会の庭にあった柿の実が燃えるように真っ赤に見えました。どこか遠くで鉄を打つ音が聞こえ ていました。 その時でした、まるで不意打ちのように聖書の一節が胸によみがえってきたのです。 「主、振返りてペテロに目をとめ給う」(ルカ傳22章61節・文語訳)という言葉でした。 全く思いがけない経験でした。「わたしはイエスを知らない」と言ってイエスを三度も裏切っ たペトロに対し、愛と赦しのまなざしを向けられた主イエスのおこころを伝えた言葉でした。 ところが、その主イエスのまなざしが、自己嫌悪に陥っていたこの自分にも向けられ、注がれ ている事に気づいたのです。そのときわたしの受けた衝撃は、少なからず大きなものでした。 茫沱(ぼうだ)として流れくる頬の涙を拭いもせず、教会の祈祷室で書き綴ったのが、この冒頭の 歌詞だったのであります。 (井置 利男)


印刷用ページ 

市川八幡キリスト教会 千葉県市川市八幡2-1-10 電話047-332-5197
Theme Desinged by 工房ヒラム