はじめての方へ
メニュー


このサイトは日本聖書協会発行の
新共同訳聖書から引用しています。
聖書 新共同訳:
(c)共同訳聖書実行委員会
Executive Committee of The
Common Bible Translation
(c)日本聖書協会
Japan Bible Society, Tokyo 1987,1988
週報巻頭言
週報巻頭言 : 「籠と葦の茂みに護られて」出エジプト記1 章15 節− 2 章3 節
投稿者 : iybpc 投稿日時: 2020-08-16 15:41:11 (61 ヒット)
週報巻頭言

もはや隠し切れなくなったので、パピルスの籠を用意し、アスファルトとピッチ
で防水し、その中に男の子を入れ、ナイル河畔の葦の茂みの間に置いた。
(出エジ2:3)
イスラエルが、エジプト脱出に踏み出した時代の状況が、出エジプト記の1章に記さ
れています。ヤコブの子どもたちがエジプトに移り住んで以来、長い年月が経ちました。
エジプトの支配勢力は取って代わられ、ヤコブの子ヨセフがエジプトに与えた功績もエ
ジプトを恵まれたイスラエルの神への尊敬も全く払われない時代が訪れました。強大な
軍隊と大都市建設によって世界に君臨することを望む冷徹な国家エジプトのもとで、イ
スラエルの民は今や奴隷として強制労働の苦しみに喘いでいました。それどころかイス
ラエルの民の人口増加を恐れたエジプト王ファラオは、新生男児虐殺の政策を採用し、
労働力をコントロールしようとします。
このような残酷非道な支配は、歴史に時に出現する現実でもあります。血も涙もない
身勝手な人間利用、調整という名のもとでの殺戮や排除。創造の神への畏敬(生命への畏
敬)を捨て、自らが神として君臨し、いのちに価値づけを行おうとするこの世の王。その
欲望は肥大化し、常に大きな権力、大きな謀略、大きな暴力を振るいます。人々は、そ
の膨張した力に怯え、ものが言えなくなり、従うばかりになっていきます。
けれども、まさにそのような中に、別の現実が動き始めます。気が付かない動きで神
の業は始められます。小さな人間たちの小さな手を用いて、神は働き始められるのです。
神の働きを受け取ったのは数人の女性たちでした。ファラオの娘を除いて、みな名もな
き女性たちです。召使いとしての助産師たちであり、一人の赤子の母であり姉でした。
ただし彼女たちに共通しているものがあります。「神を畏れ、いのちを殺すことができな
い人々であった」ということです。
彼女たちにはできませんでした。手の中に取り上げるいのちを殺すことができなかっ
たのです。神の創造の業の現場である分娩台の上で、いのちを殺すことができませんで
した。神の祝福を無垢に受け止め安らいでいる赤ん坊を、川に投げ込んで殺すことがで
きませんでした。ファラオの命令と罰はもちろん怖い。しかし彼女たちは、それ以上に
神を畏れたのです。彼女たちは、何も出来ないという弱い人間でありながら、堂々とフ
ァラオとたたかっていきます。彼女たちの「武器」は、神を畏れる心と、何もできない
弱さと、いのちのために機転を利かせていく知恵だったのです。【吉盂陝


印刷用ページ 

市川八幡キリスト教会 千葉県市川市八幡2-1-10 電話047-332-5197
Theme Desinged by 工房ヒラム