主が来られて呼んでおられる (マタイ28:1–10)

投稿日時 2018-04-01 18:00:00 | カテゴリ: 週報巻頭言

急いで行って弟子たちにこう告げなさい。「あの方は死者の中から復活された。そして、あなたがたより先にガリラヤに行かれる。そこでお目にかかれる」。(マタイ28:7)

イエスが逮捕されて十字架につけられたのは、紀元30年ごろのある春の金曜日でした。葬りの場所を見届けた女性たちは、その日から数えて三日目、週の初めの日(日曜日)の夜明けに墓を訪れましたが、天使が降って入り口の石をわきへ転がすと、イエスの遺体はすでになくなっていました。弟子たちが遺体を盗み出してイエスがよみがえったとデマを流さないように番兵が見張っていましたが、死人のようになって抵抗することができません。ここには弟子たちが遺体を盗み出したのだという反対派の言い分が反映しています。墓が空だったことは認めているのが興味深いところですが、イエスのよみがえりを客観的に証明できないことを示してもいます。女性たちが復活の最初の証人として選ばれたことも、女性が裁判の証人となる資格を認められなかったことを考えれば、意味深いことです。
 天使は女性たちの恐れを解き、「彼はここにはおられない」と告げます。イエスはかねて予告しておられたとおり(16:21ほか)よみがえられたのです。彼女らは墓の中を確かめた上でそのことを弟子たちに告げなければなりません。そしてイエスが先にガリラヤに行っておられ、そこでお会いできることも。
 次いで、恐れと大きな喜びと共に弟子たちのところへ走って行く彼女らにイエスご自身が現れ、「喜べ」(新共同訳「おはよう」)とあいさつされます。彼女らの喜びをよしとされたのです。足を抱くのはひれ伏すのと同じく神の人に対する敬意の表現(王下4:27参照)です。イエスもまた彼女らの恐れを解き、「兄弟たち」に伝言されます。くもの子を散らすように逃げ去った弟子たちは今や「兄弟たち」とみなされ、よみがえられたイエスにお会いすることを許されるのです。
 よみがえられたイエスが弟子たちを招かれるとき、そこにわたしたちも含まれています。イエスを信じる者は、イエスがよみがえって自分たちと共に――どこから見ても頼りない自分たちと共に――おられるという、どこから見ても確かな約束に自分も招かれていることを認め、その約束から生きる者です。 (高市和久)

♪ 今週の賛美歌を聞く 




市川八幡キリスト教会にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://iybpc.org

このニュース記事が掲載されているURL:
http://iybpc.org/modules/kantogen/index.php?page=article&storyid=481